【お知らせ】自転車レインカバー関連の記事はコチラに移動しました!

家計簿の付け方~エクセル使用で月に1回1時間~

節約をしよう!と家計簿に挑戦したものの、面倒で続かなかったという人も多いと思います。

 

家計簿の付け方もさまざまで、ノートを使って記録する人もいれば、今やアプリでレシートの写真を撮るだけで家計簿にしてくれるものもあるようでして、便利な時代です。

 

自分にとって続けやすい方法でやるのが一番ですが、私がエクセルでつける家計簿の方法も、選択肢の一つとしてご紹介していきます。

 

 家計簿をつける前段階の話

kakeibo--1

◆レシートは必ずもらっておきます
◆レシートが出ない場合(自動販売機等)は日付、品名、金額を携帯のメモ帳などにメモしておきます
◆エクセルで家計簿のフォームを作っておきます
⇒縦軸に科目(一番下に合計)、横軸に1~12月(一番右に合計)
⇒後で項目を追加したりできるのでまずはざっくりと

 

家計簿フォームに関しては、以下に実際私が使っているものを公開していますので、よかったら参考にどうぞ。

https://rougohasan.com/2015sakurakekakeibo

 

必要なもの

◆レシートを広げられる程度のスペース
◆ホチキス、電卓、ペン、メモ用紙

 

スポンサーリンク

では、始めましょう!

途中で作業を中断すると次にレシートの束を開くのってけっこう億劫になるので、やると決めたら一気にやってしまうのがおすすめです。

 

レシートを科目(費用項目)ごとに分けます

kakeibo2

机の上にこんな感じで科目ごとにレシートを分けていきます。

 

我が家の家計簿は家族分・私分・子供分と分ける上に、それらをさらに科目ごとに分けていくので机の上だけでなく、あぐらをかいて座っている周辺にも科目分けしたレシートがたくさん散らばっていきます(汗)

(夫の小遣い3万に関しては、内訳はこちらで把握しないのでレシートはありません)

 

この時、科目をどうやって分けていくのか悩むことも多いんですよね。

前記事に家計簿の科目について書いてみましたので参照下さい。

https://rougohasan.com/kakeibokamoku

 

科目ごとの合計額をレシートにメモ⇒エクセルの表に入力

kakeibo3

科目ごとのレシートの金額を電卓で合計していき、科目ごとの合計額をレシートにメモします。

全科目合計額がメモできたら、金額をエクセルの表に入力していきます。

エクセルに入力漏れするレシートのないように注意!

 

気になることはエクセルのコメントにメモ

kakeibo5

この時、金額の内訳とかで、気になることなどあればエクセルのコメントにメモをしておくと、後々見返すとき一目瞭然で便利です。

 

携帯メモ分(レシートのないもの)をエクセル表に入力

日頃からレシート・領収証をきちんともらっていれば、携帯メモ分はそこまで数が多くないはずです。

 

エクセルの、すでに入力済みのセル(食費5000円とか)に金額を追加する場合、

=5000+XXX(金額)

と赤字の部分の式をいじらないといけないので、面倒な人は電卓で、入力済みの5000円+携帯メモXXX円=YYY円を計算してから、その金額を入力し直すと楽です。

 

クレジットカード明細を見て、計上漏れがないかを確認

クレジットカード支払いにしている携帯代金やネット通信料なんかは領収証がないので、計上漏れしないように、クレジットカードの明細を確認し、未計上のものをエクセル表に入力していきます。

私が使っている楽天カードはネット上で利用明細が見られます。多分他のクレジット会社も見れますよね?

 

入力が全て終われば終了

漏れなく支出が入力できれば終了です。

だいたい私は1月分集計するのに1時間弱ぐらいかな、と思います。

 

スポンサーリンク

集計後のレシートはどうする?

私は一応数年(5年ぐらい)は箱に入れてとっておく派です。

まあほとんど見返すことはないんですけどね。一応、です。

 

医療費の領収証は確定申告のため別にとっておく

医療費が10万円を超えると確定申告で医療費控除ができるので、医療費の領収証は普通のレシートとは別に保管しています。

 

エクセルが使えない人も、これを機に挑戦してみては?

今はほとんどの人がエクセルの基本操作はできると思いますが、もしまだ使ったことがありません、という人はこれを機にエクセルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

思い通りに文字や数字を入力したり、表の線(罫線)を引いてみたり、見やすく装飾したり、項目ごとの合計が出るように計算式を入れてみたり。

 

これができると事務職でお仕事が探しやすくなります。

って事務なんて給料安いからけしておすすめではありませんが、子育てと両立しやすい職種ではあります。

 

今はパソコン使えて当たり前、の時代。

パソコンにエクセルは入っているけどほとんど使ったことがない、という方はぜひ挑戦して下さい。

 

まとめ

わざわざ記事にするほどのたいそうな方法ではありませんが、こんな風にやっている家庭もあるんだな、ぐらいに読んでいただければと思います。

 

私のモットーは、目指せ計上漏れゼロ!ということで、計上漏れのないように気を付けています。

でもそこまで完璧に支出を把握しなくても、多少の漏れあってざっくりでもいいと思います。

 

家計簿のつけ方もいろいろ。

私もたまには他の方法も試してみようかな、と思います。

マネーフォワードというアプリは使っている人も多いみたいですしちょっと気になるんですよね。

 

皆様も、自分なりの家計簿のつけ方を確立していって下さいね☆