【お知らせ】自転車レインカバー関連の記事はコチラに移動しました!

衣類乾燥機が置けなかった!まさかの設置不可からの、ドラム式へ買い替えへ

タイトル通りなんですが…!

 

まさかの、衣類乾燥機がスペース的問題で置けなかった!(゜ロ゜;)

壁の梁?が邪魔で設置不可

11月下旬の某日、洗濯機&衣類乾燥機設置の作業員の方が時間通りお見えになりました。

が、作業員の方、洗濯機置き場を見てすぐ一言。

 

「これ、置けないんじゃない?」

 

こちらが我が家の洗濯機置き場。

IMG_20171126_034458

 

上の方に、梁(はり)という呼び名であってるか分かりませんが、柱の出っ張ったようなのがあるのですが、どうも乾燥機がその梁にぶつかってしまうだろう、とのこと。

洗濯機置き場

 

メジャーで洗濯機置き場やでっぱりの幅やら高さやらを何度も測ってばっかりの作業員。

 

(設置作業を)やるだけやってみてよ!もしかしたら置けるかもしれないじゃん!

 

なんて、心の中で私は思いましたが、日々設置作業をしている作業員さんの勘で、これは入らないだろう、と判断されたようで、作業は開始してくれず…。

 

事前に設置可能かさんざん調べたのですが…

この梁は、自分でもぶつかりそうだな…と思い、事前にさんざん調べていました。

日立の洗濯機カタログの乾燥機スタンドページの図を見ると、洗濯機より衣類乾燥機が前気味の位置に乗ってる気がしたんです。

乾燥機図1

 

大きくしてみます。この横から見た図を見る感じ、乾燥機は洗濯機後部寄りでなく、前面寄りに設置されていますよね。

IMG_20171201_155508

 

もし前気味の位置に乾燥機が乗せられるなら、上の梁にはぶつからないかも…と思い、日立のお問い合わせ窓口にも電話して確認。

 

「直付けスタンドは、前後3段階の位置でとめられます。

(買おうと思っていた)BW-V80Bの洗濯機なら、一番手前にとめることが可能です。」とのこと。

 

※注意:容量小さい洗濯機だと、重たい乾燥機を前寄りに配置すると倒れてしまうため、手前寄りに配置することができません。

 

ちょっと見づらい表ですが、カタログにも載っています。

IMG_20171201_155522

上部の表で、希望の乾燥機機種×洗濯機機種を選び、①②③…の数字を確認。

真ん中以下に、①②③…に該当する場合、高さ・奥行それぞれどの位置で使用することができます、という表です。

 

メジャーで置き場寸法を自分なりに測った上で、一番前の位置に乾燥機を置けるなら、梁にぶつかることはないだろう、と思ったのです。

夫にも相談して、かなりギリギリだけど、いけるだろう!ということで、思い切って注文したのでした。

 

結局置けず、商品は作業員が持ち帰り

しかし、作業員の方によると、

 

■乾燥機後部は平らではないので、その部分がぶつかりそう

■もしギリギリ入ったとしても、乾燥機使用時に本体が振動するので梁にぶつかる

■排気?するスペースが十分にない

 

などから設置は不能と断言されます。

仕方なく、設置作業はせず、商品はそのまま持ち帰ってもらうことに…(泣)

 

設置場所の寸法を、販売店へ知らせてくれました

次に買う機種が、また大きさの問題で設置スペースに置けない…ということのないように、作業員の方が、我が家の洗濯機置き場の寸法を綿密に測って、それを販売店の家電量販店へ伝えておいてくれました。

 

作業員の方には手間をとらせて申し訳ないのと、販売店への報告をしてくれて感謝、感謝です。

 

設置出張費は取られませんでした

作業員の方には、なんだかんだ1時間近く滞在してもらいましたので、設置断念とはなりましたが出張費ぐらいはとられるんだろうな、と覚悟していました。

しかし、販売店からは「それはいただきませんので大丈夫ですよ!」とのことでした。

 

出張費3千~8千ぐらいはかかるんじゃない?なんて思っていたので、取られなかったのはとてもありがたいですが、作業員さんには本当申し訳ないです。

 

スポンサーリンク

その後のこと、渋々ドラム式へ変更

作業員が帰っていって1時間もしないうちに、販売店から電話が来ました。

おそらく日立以外のメーカーでも、洗濯機+乾燥機という組み合わせでは、サイズ的に置けないだろうということで、代替案として、やっぱりドラム式をおすすめされました。

 

今回買おうとした洗濯機+乾燥機が合計で16万台で、その金額に極力近い機種はコレです、と日立のビッグドラムの10kgをおすすめされ、一晩悩むことに…。

 

ところが、ざっと日立のドラム式の口コミを見ると、臭い!という意見がかなり多い!

結局悩んだ末に、安くて評判もそこそこっぽかった、シャープのドラム式に決断しました。

IMG_20171127_130941

 

納品が少し先になるため、もうしばらくはこれまで通り洗濯物干しのストレスと戦いながら待つことになります。

トホホ…、本当だったら今頃、「乾燥機、超快適~!」なんて言ってる頃だったのに。

 

スポンサーリンク

洗濯機&乾燥機を同時購入する時の注意点!

我が家のように、洗濯機と乾燥機を同時購入する方の多くは、両商品を同じお店で購入するとは思います。

でも、もし別々に購入を考えている方がいましたら、声を大にしてアドバイスを。

 

洗濯機と乾燥機は絶対に同時購入、同時納品にするべき!

 

私は当初、安く買えたらいいな、と最安値検索に走り、別々のお店で買うことも考えていました。

 

でも、ネット購入だと、価格に設置費用が含まれていなかったりで、計算・比較するのにちょっと疲れてしまい、ふらっと家電量販店に足を運んだんだのです。

そこでたまたま店員さんが希望を聞いてくれて、値引きもしてくれたので同時購入に至りました。

これが不幸中の幸いでした。

 

洗濯機、乾燥機を別々に購入していたら

別々のお店で購入して、先に洗濯機を届けてもらい、新しい洗濯機を使用しながら乾燥機の納品を待とうか、なんてことも私は考えていました。

でも、もしこれをしてしまっていたら、

 

「乾燥機置けませんでした」

「えっ?じゃあドラム式でもいいから、設置可能な洗濯乾燥機に変えたいです」

「いや、もうその洗濯機使っちゃってますよね…、返品不可です」

 

んげーーー!!(゚Д゚;

 

となり、ドラム式への変更も不能、単なる洗濯機買い替えで終わってしまい、全てが無駄となるところでした。

こういうケースもあるかもしれませんので、洗濯機・乾燥機を同時購入される方は、同じお店で購入&同日納品にすることを強くおすすめします。

 

まとめ

こんな流れで、結局我が家はドラム式洗濯乾燥機を購入するハメになりました。

これまでシリーズでさんざん、選ぶ過程から、口コミ、最安値調査…と書いてきて、最後に使ってみた感想をこと細かにレポートするのが楽しみだったのですが、夢破れました…。

まさかの事態ですみません。長々お付き合い、ありがとうございました。

 

次の記事ではシャープのドラム式を使用した口コミ・レビューを書きます。

 

【関連記事】衣類乾燥機のまとめ記事(目次)はコチラからどうぞ
>>洗濯物干すのが面倒くさい?それなら衣類乾燥機で解決だ!(まとめ記事)