【お知らせ】自転車レインカバー関連の記事はコチラに移動しました!

デビットカードが気になる!年収500万旦那の一馬力でクレカ使用は限界かも!?

旦那の年収500万で子供2人いて家計ギリギリなのに、クレジットカードをバンバン使うってどうよ?

最近こんなことを考えています。
こんにちは。年収500万旦那の妻、佐倉花子(@hana_saku0705)です。

 

あなたの家庭ではクレジットカードって使っていますか?
毎月、請求額聞いてびびったり、支払いが遅れたりしてませんか?

 

私は先日、愛用の楽天カードの支払いを、口座残高不足で半月ほど滞らせてしまいました。
カードは止まり、損害金&手数料で1200円弱とられる始末。

実は前にもうっかり入金忘れて引き落としできなかったことがあって、これが2回目でした。

【関連記事】
>>楽天カードの引き落としができなくて損害金発生!クレカ使用者は要注意

 

我が家がクレジットカードを使っている理由は、

「ポイントが貯まるから」

ただそれだけなんですが、せっかくカードでポイントを貯めても、損害金取られていたら意味がありません。

だいたい家計ギリギリなのにクレカをバンバン使うのってどうよ?と最近真剣に考えるようになりました。

 

代わりに便利でお得に使えるカードはないかと調べたところ、買い物すると口座から即引き落としされるデビットカードを発見!

そこで今回はこのデビットカードについて簡単にまとめてみました。

 

デビットカードをうまく使えば家計を健全に、そしてポイントも貯まってお得生活ができるかも!?しれませんよ♪

 

デビットカードとは?

使うと口座からすぐ引き落としされるカード

デビットカードはJCBやVISAマークのついた、一見クレジット風のカードですが、

 icon-arrow-circle-right クレジットカード⇒毎月の支払い額をまとめて後払いする
 icon-arrow-circle-right デビットカード⇒カードを使う都度、銀行口座から即引き落とし

といった違いがあります。

 

nanacoやワオンなどの電子マネーは事前チャージが必要なのに対し、デビットカードはチャージ不要で使えて、口座と連動してその場でお金を引き落とすので、現金感覚でお買い物をすることができます。

 

スポンサーリンク

デビットカードのメリット

使えるお店が多い

JCBやVISAの加盟店ならデビットカードは使えるので、使用可能なお店の範囲がクレジットカードと同じく広いです。

 

nanacoやワオンなどの電子マネーを活用することも考えましたが、電子マネーってお店によって使える種類が限られているんですよね。

 

その点デビットカードなら、1枚持てばクレジットと同様に多くのお店で使えるのが嬉しいポイントです。
もちろん、ネットショッピングでも使えちゃいます。

 

ポイントが貯まるorキャッシュバックがある

クレジットより還元率は低いところが多いですが、カードによってポイントがたまったり、キャッシュバックがされたりと、何かしらのメリットがあります。

なので現金払いよりはお得なはず。

 

銀行独自のポイントやJCBのポイントがつく場合もありますが、ざっと見た感じ、楽天スーパーポイントやnanacoなどメジャーなポイントに交換できるところが多いようです。

 

カードを作るのに審査は不要

クレジットカードを作る時と違って、デビットカードは審査不要で作れます。

口座残高=使用限度額でそれ以上は使えないので、クレジットみたいに返済能力を調べる必要がないからです。

 

高校生以上なら誰でも作れるので、過去にクレジットの滞納をやらかしちゃってる人でも大丈夫なんですって。

 

スポンサーリンク

デビットカードのデメリット

便利そうだしデビットカードをさっそく作るか!と思ったんですが、調べてみるとなかなか厄介な問題がありました・・・(> <)

 

まれに使えないシーンがある

これは正直どうでもいい問題ですが、高速道路やガソリンスタンドで使えなかったり、カードによっては時間帯によって使えないものもあるようです。

現金orクレジットカードをあわせて持てば解決、なので大した問題ではないですね。

 

作りたいカードの銀行口座が必要

ここからが厄介な問題。

デビットカードは使うと即口座から引き落としなだけあって、カードを作りたいところの銀行口座を持っていないといけません。

クレカは引き落とし口座を好きな銀行に指定できるのに対し、デビットカードは銀行口座ありきで作れるカードなんですね。

 

私は最初、今楽天カード(クレジット)使っているし、デビットカードも楽天デビットカードにしよ☆

なんて軽いノリだったんですが、その場合、楽天銀行に口座を持っていないといけないと知りがっくり。

 

カードは楽天デビットで、引き落としは旦那のりそな銀行口座、なんて都合良くいかないのが痛いところです。

 

家族カードを作れるところがほとんどない

今回私は、旦那の給与振込口座から引き落として使いたい!と思ったんですが、その場合口座名義人でないので家族カードが必要になります。

でも調べるとデビットカードには家族カードがないところがほとんど。

 

調べると、デビットカードで家族カードを作れるのは、スルガ銀行か地方銀行のごく一部だけだそうです。

 

今の私みたいな状況で、旦那のお金を管理する妻が、デビットカードの家族カードを必要とするケースってけっこうあると思うのに・・・不親切です( -ω-)

 

妻がデビットカードで家計を管理するには

デビットカードは

icon-check-square-o そのカードの銀行口座が必要
icon-check-square-o 作ったカードは本人しか使えないのに
icon-check-square-o 家族カードは作れないところが多い

ものですが、何とかして私がデビットカードを使える方法はないか、考えてみました。

 

・・・でもやっぱり旦那名義の給与口座で私(妻)もカードを使いたい、という時点で選択肢はほぼなし。

おとなしく私名義の口座でデビットカードを作るのが早そうです。

 

その場合面倒だけど、毎月給料振り込まれた旦那の口座から、一定額を私名義のデビットカード用口座へ移して使うことになります。

すでにお金が入っている私の銀行口座だと、必要以上にカードが使えてしまうため、もし作るなら新しく口座を用意した方がいいかもしません。

 

もし使うことになったら今月はやりくり費をいくらまでにしようという額を、デビットカード用口座に移して、その金額内でやりくりするようになります。

これで後々クレジットの請求額にびっくりすることもなくなるかな!?と期待してます。

 

固定費引き落としはクレジットのままで

光熱費やスマホ代、保険料など現在クレジットカードを通して支払っている固定費は、今後もクレジット払いのままでいきます。

固定費はやりくり費と違って毎月いくらぐらいと把握できているので、請求きてびっくりすることもありませんしね!

 

まとめ

我が家で実践するかはまだ分かりませんが、今回はクレジットに代えてデビットカードを使うことを思いついたので簡単にまとめてみました。

クレジットより安心で、いろいろなお店で使えてポイントもつく便利なデビットカード。

 

クレジットは怖いからと、かたくなに現金払いしている人も、スマートに会計できてかつポイントも貯められるデビットカード、検討してみてはいかがでしょうか?